ブログ

白玉だんご入りココナツミルク Ginataang bilobilo ギナタン・ビロビロ

Enjoy Philippine Cooking    フィリピンスイーツでおいしい旬をたのしもう!

白玉団子入りココナツミルク (ギナタン・ビロビロ)

秋はサツマイモやサトイモがとてもおいしい季節。日本の旬の味をフィリピンスイーツで味わってみませんか?

ココナツは「生命の木」といわれ、葉は屋根や壁に使われ、果実は料理やおやつに使われ、フィリピンの人々の生活に欠かせない植物です。「ギナタン」とはココナツミルクで煮た料理の総称で、惣菜だけでなく、ココナツミルクに砂糖を加えて甘くしたものもギナタンといいます。また、ビロビロとは「団子」のことです。フィリピンもお米が主食の国、伝統的なお菓子は米やもち米を使ったものが多く、日本の和菓子のようにモチのお菓子がいろいろあります。

今回はサツマイモとサトイモをココナツミルクで煮たギナタン・ビロビロをご紹介します。フィリピンではおやつや食後のデザートとしてよく登場しますが、日本人にとってサツマイモはともかく、日ごろ惣菜として使っているサトイモを砂糖とココナツミルクで煮るなんて?と、ちょっと不思議に思いますが、これがなんと野菜の自然な甘みとココナツがうまく融合し、白玉団子も加わるとまるで和スイーツ。「フィリピンのお汁粉」といってもよいくらいです。できたての熱々も美味しいですが、冷蔵庫で冷やしてもGOODです。フィリピンでは紫イモやタピオカ、フルーツを入れたりします。

 

<材料: 4人分>

白玉粉  1カップ(120g)
水    100ml
タピオカ(大)50g
サツマイモ 中1本…  角切りにする
サトイモ  4-5個…角切りにする
砂糖    30g
ココナツミルク缶(400ml)

<つくり方>

① 白玉粉に水を少しずつ加えて練り、耳たぶくらいの固さにする。柔らかくなりすぎないように注意する。
② 直径2-3cmくらいの団子状に丸めて、真ん中をくぼませる。約20個くらいできる。たっぷりの熱湯の中に入れてゆでて、浮いたら水にとる。
③ タピオカはしばらく水につけ、柔らかくなるまでゆでる。ざるにあげて水を通す。
④ ココナッツミルクでサツマイモとサトイモをゆでる。
⑤ 砂糖を加える。
⑥ ➂のタピオカと②の白玉を入れて温め、器に盛る。

 

関連記事

Sooooosネットショップへ
Sooooosネットショップへ
minnneネットショップへ

最近のブログ記事

おすすめ商品

  1. 伝統織物ビナクル クロスバッグ / ブルースペクタクル
  2. 【人気商品・入荷】アンキットレースの麻スリッパ
  3. 【残り3点】バリュウリーフ&たたみリボントート

フィリピン女性支援ブランド「HABI PRIDE」Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

ページ上部へ戻る
PAGE TOP