ブログ

フィリピンの伝統織物 Weaving The Island

フィリピン各地の伝統織物

フィリピンは7100余りの島々から成り立つ多民族国家です。それぞれの島やそこに暮らす多くの少数民族が多様性に富んだ生活文化を継承しています。様々な伝統織物や伝統工芸も継承されていますが、残念ながら日本ではほとんど紹介されていません。このサイトでは、私たちの出会った伝統織物をいくつか紹介したいと思います。

MANILA FAME のウェブサイトに Stories Bihind Filipino Design Excellence (フィリピンの優れたデザインの背景)が紹介されています。以下、英文ウェブサイトから日本語に訳し、補足して紹介します。 以下、写真はウェブサイトからの引用です。

島を編む Weaving The Islands

フィリピンの伝統織物は、植民地時代以前にさかのぼる芸術です。ルソン島の最北端からミンダナオ島の最南端まで、この国の多くの州には独自の織物文化があります。
各州や村では、その地域に固有の素材や、そこに住む先住民の伝統に結びついたモチーフや色を使用しています。これらのフィリピンの織物で作られたソファやクッションや流行のドレスに出会ったことがあるかもしれません。人気のある伝統織物がどこで作られたのか地図でたどり、織り手によってどのように作られるのか、その織物の裏話を知ってください。

1.北イロコス州と南イロコス州(ルソン島北部):  イナベル Inabel

ルソン島北部のイナベル織、アベル織(Inabel Abel)はシンプルに見えるかもしれませんが、パターンは実際には複雑です。たとえば、kinurkurus(格子縞)、banderados(ストライプ)、binakul(目がくらむような渦潮)、insukit(挿入されたデザイン)などです。イナベル織は主に衣類、毛布、テーブルクロスとランナー、ナプキンなどに使用されます。

2.コルディリェラ地域(ルソン島北部山岳地帯):イカット Ikat

アブラ州、ベンゲット州、イフガオ州、カリンガ州、マウンテン州には多種多様な織物があります。彼らの毛布、タピス(スカート)、葬儀用の布は、シンプルなストライプとダイヤモンド、または社会階級や人生の舞台を表すイフガオの絣やボントクの毛布に見られるような意味のあるモチーフで織られています。

3.アルバイ州(ルソン島南部): シナマイ Sinamay

アバカ繊維で作られたシナマイ布はシナマイと呼ばれます。ビコル地方では、アバカを織り上げて薄いシナマイの鞘を作り、ショール、帽子、ギフトバッグやラッパー、その他の装飾品の素材として使用されています。

4.アクラン州(パナイ島): ピーニャ Pina

ピニャ布ーエレガントなピニャクロスは、特定のパイナップル種であるレッドスパニッシュパイナップルで作られています。このパイナップルは、葉が大きく、繊維が長くなっています。薄くて半透明のピニャ生地が刺繍され、絶妙なドレス、ブラウス、バロンタガログ(ボタン付きのフォーマルシャツ)に縫い付けられています。

5.プエルトプリンセサ(パラワン島):テピーニャ Tepina

ルソン島の南西にある島、パラワンの先住民はバスケットを織ることで知られており、これはおそらく、結ばれたパイナップル繊維と生糸で作られたテピーニャのような織り布に進化しました。贅沢なシルクと織り目加工のピーニャの組み合わせは、ファッションやアクセサリーのデザイナーに好まれる繊細な生地を生み出します。

6.イロイロ州(パナイ島):ハブロン Hablon

鮮やかな色合いのチェック柄の生地は、主にビサヤのイロイロのミアガオで織られています。植民地時代、女性はこのカラフルな綿生地をパタディョンやワークスカートに使用していました。ハブロンは現在、ドレス、テーブルクロス、テーブルナプキン、毛布、ターバン、ハンモックに使用されています。

7.マギンダナオ州(ミンダナオ島中部):イナウル Inaul

イナウルは文字通りマギンダナオ語で「織り」を意味します。鮮やかな色彩と華やかな綿と絹の生地は、金属糸を使用したものもあり、感情や物語を象徴する豊かな意味を持つパターンで装飾されているか、王族だけが着用できるデザインです。

8.サンボアンガ市とバシラン島(ミンダナオ島西部): ヤカン Yakan

ヤカンの人々の多くは政情不安のためにバシランからサンボアンガ市に移住しましたが、それでも彼らは複雑にデザインされた織りを生み出しています。対照的な糸は、縞模様または対称的で大きな幾何学的なパターンに加工されます。これらの色とりどりの生地は、ジャケット、スカーフ、エプロン、サッシュ、ズボン、シャツに縫い付けられています。

9.サウスコタバト州(ミンダナオ島南部):ティナラク T’Nalak

この美しく神聖な布を織ることは、神秘的な習慣と見なされています。ミンダナオ島サウスコタバトのセブ湖のティボリT’boliの女性は、これらのデザインで彼らを刺激するために、FuDaluの精神が夢の中に現れると信じていると言われています。3色のテキスタイルは、T’boliによって毛布や衣類として、また食料や物々交換として使用されています。

ティナラクの布を織るティボリの女性

 

10. スルー州(フィリピン南西部スルー諸島):Tausug Pisyabit

フィリピンの最南端の島の1つで作られたPisyabit(またはPis Syabit)の複雑なパターンは、それを非常に切望しています。スルの熟練した織工は、正方形、X、および十字の完全に対称的な構成で生地を作成します。それは伝統的に男性のヘッドスカーフとして使用されます。

 

参考website: https://www.fameplus.com/

 

関連記事

Sooooosネットショップへ
Sooooosネットショップへ
minnneネットショップへ

最近の記事

おすすめ商品

  1. 【人気商品・入荷未定】アンキットレースの麻スリッパ
  2. 伝統織物ビナクル クロスバッグ / ブルースペクタクル

フィリピンの伝統織物バッグ「HABI PRIDE」Instagram

Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
ページ上部へ戻る
PAGE TOP