About us 

パクパクナティン Papak Natin について / About us

1990年代にマニラに暮らし、現地でピナトゥボ火山噴火(1991年)の被災者救援のボランティア活動(ピナトゥボ救援の会=緊急援助)に取り組んだメンバーが、帰国後、日本国内からフィリピンNGOの活動を支援することを目的に2000年2月に活動をスタートした非営利団体(NGO: 任意団体)です。

寄付ではなくフェアトレードを

ピナトゥボ災害は1990年代半ばすぎには、寄付中心の緊急援助から生計自立援助期に入り、現地で市民レベルでの支援の難しさを実感しました。
日本からの支援にあたっては、「あげる人・もらう人」という一方的な関係ではなく、対等な関係でつながりあいたいと、フィリピンのNGOの女性たちの収入生計向上のためのプロジェクトで作られる商品を買うことで彼らを支えるフェアトレード活動を開始、以来20年間活動を継続しています。

Pakpak Natinとは、フィリピノ語で「私たちのつばさ」という意味です。フィリピンの女性たち、そして日本の私たちが、それぞれりつばさの力を信じ、公正で持続可能な世界の実現をめざして行動していこうという思いをこめています。

フィリピンを知り、学びあう開発教育活動

日本ではフィリピンについてあまり知られていないことを痛感し、衣食住をはじめとした身近なフィリピン文化や日比の歴史について伝え、バナナなどの商品から南北問題を知り・学びあう、「開発教育」も活動の柱にしています。フェアトレードやエシカル消費、SDGsなどの理解を深める啓発活動にも力を入れています。

顔と顔の見えるつながりを大切に

コアメンバー4人は東京、埼玉、千葉に住んでおり、フィリピンの小規模生産者やフェアトレードについて理解を深めてもらう活動を地域密着型でおこなっています。

運営費はフェアトレードの収益でまかなっており、基本的には寄付は募っておりません。ただし自然災害などの発生時、現地で緊急支援が必要とされる場合は、広く市民に寄付を募り、緊急援助を行っています。

*パクパクナティン事務局  Tel/Fax 0476-48-5448 遠藤康子
pakpak2000@hotmail.com
〒270-1356 千葉県印西市小倉台3-1-12-302

東京地区/ 佐藤育代・安部理恵  千葉地区/ 遠藤康子
埼玉地区/ 寺本聖子

Sooooosネットショップへ
Sooooosネットショップへ
minnneネットショップへ

最近の記事

おすすめ商品

  1. 伝統織物ビナクル クロスバッグ / ブルースペクタクル
  2. 【人気商品・入荷未定】アンキットレースの麻スリッパ

フィリピンの伝統織物バッグ「HABI PRIDE」Instagram

Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
ページ上部へ戻る PAGE TOP