ブログ

REPORT フィリピンフェスティバル 2014.8.30-31 at 上野公園

 

今日は上野公園で開催されたフィリピンフェスティバルに行ってきました。この祭りはフィリピン文化および日本のフィリピン人のコミュニティーへの理解を深めることを目的に開催されている、フィリピンイベントの中で最大の祭り。昨年までは横浜・山下公園で「バリオ・フィエスタ」という名で開催されていましたが、今年は「フィリピン・フェスティバル」と改名し、場所も上野に変わりました。昨年も会場にはたくさんのフィリピン人が集まり、歌や踊りで盛り上り,私はただただ圧倒されるばかり。
周りのフィリピン人に「どこから来たの?」と聞いてみると、横浜だけでなく、東京、千葉、埼玉など2時間以上かけてきていると知りびっくり!フィリピン人のネットワークの広さと絆の強さを感じました。やはり、今年の上野公園もすごい盛り上がりで、野外ステージ付近はフィリピン人ダンサーのエネルギッシュの歌と踊りに、見ている観客もノリノリでともにフィリピン人パワー炸裂!そばにいる私も思わず体が動き出します。



 

会場入り口で出迎えてくれるHigantes (巨人)・ルソン島リサール州アンゴノで開催される
     ヒガンテス・フェスティバルに登場する巨人。守護聖人聖クレメンテを祝福する祭り。3m以上の巨人が町中を練り歩きます。フィリピン人の味方weatern unionの看板が目立つこと!
                           

 
野外ステージではエネルギッシュな歌と踊りが次々登場。若いダンサーたちの熱いエネルギーがガンガン伝わってきます。

                                 

フィリピンにはフィエスタ、またはフェスティバルと呼ばれるたくさんの祭りがあります。これは、ネグロス島の都市バコロドで毎年10月に開催されるマスカラ・フェスティバルに使われるマスク。笑顔のマスクが特徴です。マスは英語で「たくさん」、カラはスペイン語で「顔」を意味します。色とりどりのマスクをつけて町中を練り歩きます。
 

                             

会場にはたくさんのテントが張りだされ、フード&ドリンクブースをはじめ、伝統工芸品ブース、
旅行会社やお土産品ブースなどフィリピンを紹介するブースがいっぱい。テントは赤や黄色の南国カラーのデコレーションが色鮮やかでおしゃれ。フィリピン料理を楽しみに出かけましたが、軽く30分以上は並ぶ長蛇の列。残念ながら今日は「フィリピン」の雰囲気だけを味わってきました。

関連記事

Sooooosネットショップへ
Sooooosネットショップへ
minnneネットショップへ

最近のブログ記事

おすすめ商品

  1. 【人気商品・入荷】アンキットレースの麻スリッパ
  2. 【残り3点】バリュウリーフ&たたみリボントート
  3. 伝統織物ビナクル クロスバッグ / ブルースペクタクル

フィリピン女性支援ブランド「HABI PRIDE」Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

ページ上部へ戻る
PAGE TOP