ブログ

ティボリ民族の神話に想う フィリピン通信7

ティボリ民族の神話に想う    穴田久美子

2008年8月14日

パクパクナティンのスタッフから、「ティボリ民族のハンディクラフトを日本で紹介する」という近況を伺った。思わず留学生の頃に訪ねたティボリ民族が多く住む村々の情景が瞼に浮かんだ。カラフルな民族衣装、髪や腕を飾るビーズのアクセサリー、民族舞踊を踊るとき、真鍮で作った腰のベルトや足首の鈴飾りが奏でる、シャン、シャシャンという響き。そして彼らの暮らしを支える豊かなセブ湖の自然。ミンダナオ島の西南に位置する南コトバト州の州都ゼネラル・サントス市から、車で3時間ほど山奥に向かった場所にその村々があった。夜は星空の下で長老たちが村の神話を語ってくれた。

世界の人々はみんな兄弟姉妹

ティボリ民族の創世物語にはキリスト教のアダムとイブのように、神様から最初の人間として命を与えられたクルダン(男)とボイ・ヘヌー(女)がいる。2人の間には5人の子が生まれ、その子たちはセブ湖の豊かな自然の中ですくすくと育った。やがてその子たちの皮膚の色が変わっていった。一人は白い肌、一人は赤っぽい肌、一人は黄色っぽい肌、一人は黒っぽい肌、一人は茶色っぽい肌。成人した彼らは、両親に「さあ、旅をしなさい。そしてここで学んだこと、私たちが教えたことを旅先で伝えなさい」と励まされ、それぞれが旅立って行った。しかし茶色っぽい肌の末っ子には「あなたはここに残り、セブ湖の自然を守り続けなさい。そして旅立っていった子たちがいつ戻ってきても困らないように、セブ湖の回りの土地を豊かな実り場所に育てなさい」と告げられた。

感謝の気持ちは歌と踊りで表現

神様は、ベトティという名の鳥を放って、美しい豊かな土地を探させた。その地の土をこねてクルダン(男)とボイ・ヘヌー(女)を創った。さらに神様は蟻たちに、クルダンとボイ・ヘヌーが必要とするたくさんの種類の作物の種を集めさせた。その恵に喜んだクルダンとボイ・ヘヌーは踊り始めた。すると2人の手足や体に美しい織物や腕輪、首飾り、髪飾り、ベルト飾り、楽器などが現れた。そして神様は2人に「末永くこの豊かな土地を探してくれたベトティや蟻たちに感謝しなさい。感謝の祈りと共に、これらの飾りや楽器を鳴らしながら歌い踊りなさい。」と告げた。今は多くのティボリ族はキリスト教徒になったが、教会の礼拝では聖歌でなく、民族の楽器と真鍮の鈴で作ったベルトや腕輪の響きで歌って踊り、神様が与えてくださった全てのものに、感謝の思いを表している。

天照大神の岩戸隠れ神話がティボリ民族にも

ティボリの最初の女王の名はボイ・ヘンウ。女王はセブ湖に住んでいたが、人々が争うのに嫌気をさして、ペットのニシキヘビと天に昇っていった。しかし天には8つの太陽があって、まぶしすぎて眠れない女王は、ニシキヘビに太陽を全部飲み込ませた。すると地上は真っ暗となり人々は争いをやめて、歌や楽器、踊りで不安な気持ちを支えあった。その賑やかな音に誘われて、太陽の守護神ンガ・バルがやって来て、まだニシキヘビの口の中にあった太陽を、力ずくで口をあけて一個だけ救い出し、地上に明るさが戻った。人々はンガ・バルに感謝して、彼が好きな音楽や踊りをいつも奏で、太陽を守ってもらった。

そして今・・・

セブ湖へ向かう道路の両側は、外国の大企業の資本による広大なパイナップル、バナナ農園が広がり、山々では鉱山開発が進められ、ティボリ民族の生活圏は今も破壊されつつある。文字を理解しなかった祖父母の時代、土地登記という「合法的」な手段で、都会の人々や外国企業が父祖の地を奪った。貨幣社会の昨今、現金収入は農産物と手工芸品と日雇い労働に頼っている。とくに織物やアクセサリーは、女性たちが「子どもたちの学費のために」と一生懸命手を動かして創っている。その作品が、今、パクパク・ナティンを通じて、日本の皆さんの手に届けられていることを嬉しく思う。その小さなビーズや真鍮の鈴飾りの一つひとつにティボリ民族の神話が生きている。

 

    写真: “HABI”より
ティボリの男性はティナラク織のシャツを着用、女性は総刺繍をほどこしたブラウスに真鍮の鈴付のベルトをつけています。

筆者プロフィール
Kumiko Anada
北海道出身。マニラ在住34年。フリーの映像コーディネーター。取材や通訳などもこなす。海外労働者や女性、こども、先住民族が抱える問題を支援するNGOでボランティアも。

関連記事

Sooooosネットショップへ
Sooooosネットショップへ
minnneネットショップへ

最近のブログ記事

おすすめ商品

  1. 【残り3点】バリュウリーフ&たたみリボントート
  2. 伝統織物ビナクル クロスバッグ / ブルースペクタクル
  3. 【人気商品・入荷】アンキットレースの麻スリッパ

フィリピン女性支援ブランド「HABI PRIDE」Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

ページ上部へ戻る
PAGE TOP