ブログ

REPORT 子どもはチェンジをおこせる存在 フィリピン出張④

スラムで教育活動を行うNGO,DTC(ダイナミック・ティーン・カンパニー)を訪問

ケズ君(Kesz Valdes)とメンターのタズ(Tasz Harmin Manalaysay)さん

DTCの中心スタッフとして活動するケズ君は17歳。澄んだ目とさわやかな笑顔が印象的な少年です。ケズ君はスラムの貧しい家に生まれ、父親の暴力から逃れるために路上で暮らしていました。4歳のとき、ギャングに押し倒されたときに発火したごみ山に右腕を突っ込み、大やけどを負い、路上で倒れているところをタズさんに助けられました。そして治療を受けることができ、回復、養子として保護されました。

ケズ君はその経験から、他のストリートチルドレンを助けることを決意。なんと7歳の誕生日には自分のプレゼントはいらないからと、素足の子どもたちのためのスリッパや救急箱を台車に載せて、子どもたちの傷の手当を始めたというのです。自分がタズさんから教わった手や体の洗い方、歯のみがき方などの保健衛生の知識を子どもたちに教えました。タズさんは「善き行いをするには年齢は関係ない」と助言したといいます。

左がケズ君(17歳)。右はメンターのタズさん(45歳)。
タズさんは、遠くを見通すような涼やかで優しいまなざしが印象的。
数年前受けた医療ミスにより、体調があまりよくないとのことで、
ケズ君がそばで支え、気を配っています。
ケズ君の夢は、高校を卒業したら医者になること。
 

日本ではあたり前のように家庭で身に着ける生活習慣や衛生知識ですが、ストリートチルドレンは学ぶ機会がありません。路上やゴミ山は感染症やケガの危険にさらされているので、知識こそが自分の命を守ってくれます。小さな男の子の始めた手当は、とても効果的でした。なぜなら路上の子どもたちはケズ君に自分を重ねることができるからです。自分にもできる、と。
「手押し車教室」を続けていた先輩のエフレン君といっしょに、自分は保健衛生の知識を教える活動を続けたのです。子どもが子どもに伝え合う活動は共感もって大きく広がりました。
彼はその実績から「国際子ども平和賞2012」を最年少の13歳で受賞しました(2013年の受賞者は2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユズフサイさんです)。
ケズ君は受賞後、C3(チャンピォニング・コミュニティ・チルドレン)という団体をたちあげ、最も貧しい地区の子どもたちの教育活動に取り組んでいます。今では48の地域の1万人以上の子どもたちの支援をしています。

タズさんは、ケズ君やエフレン君の活動がまわりに理解されず馬鹿にされたり、妨害されて苦しんでいたころ、「善きことはし続けろ」「決して下を向くな」「正しいことをするのは決して恥じることではない」と励まし続け、精神的に支え続けたそうです。
そんな偉大なメンターであるタズさんですが、彼自身も父親の暴力に苦しみ、19歳まで筋金入りのギャングだったそうです。生きることに絶望してクリスマスの夜、大量のドラッグを飲み自殺を図りましたが、失敗。目が覚めたときに「自分には何かやることがあるのでは?」と直感し、「一度捨てた人生、人のために生きてやろう!」と、ストリートチルドレンの教育活動を25年続けてきました。タズさんの言葉は、エフレン君やケズ君を始め、多くの子どもたちの精神的な支えになっています。
「人は変われる、そして俺は変わった」

 メンターのタズさん、ケズ君、エフレン君
「子どもたちはみんなヒーロー!!」と語ります。

さて、タズさんのようなメンターに出会えたエフレン君やケズ君は、本当に幸福ですが、出会えたことや感謝の気持ちを新たな行動につなげていくパワーには驚かせられます。DTCの活動は、子どもたちには世界を変えるパワーがあることを教えてくれました。

「子どもは小さいけれど、重要なチェンジをおこせる存在」
「私は誰もが他人の人生を救う存在になれると信じています」
「手を貸すことは決してお金のかかることではない。誰かが必要としているときは、何かをしなくてはならない。それを見つけたときは、いつでもただ行動しなさい」

タズさんの言葉はやさしくそして厳しく、心に深くひびきます。
何かを必要としている人たちのためにまず行動し、エンパワメントし合う子どもたち・・・
10代の子どもたちの奇跡のパワーと可能性を見せてもらい、新しい時代の波を感じました。

 

                                        
 

関連記事

Sooooosネットショップへ
Sooooosネットショップへ
minnneネットショップへ

最近のブログ記事

おすすめ商品

  1. 【人気商品・入荷】アンキットレースの麻スリッパ
  2. 【残り3点】バリュウリーフ&たたみリボントート
  3. 伝統織物ビナクル クロスバッグ / ブルースペクタクル

フィリピン女性支援ブランド「HABI PRIDE」Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

ページ上部へ戻る
PAGE TOP